Windows10やWindows8のプロダクトキーをコマンドプロンプトやフリーソフトで確認したり変更したりする方法

2017年12月21日Windows関連,パソコン関連Tips,Windows,Windows10,パソコン,パソコン関連

Windows10でライセンス認証がエラーになったり、ライセンスキーを知りたい時のメモです。

再セットアップ時や問い合わせの際に必要になったりするので何かの役に立てば、という所です。

ただしUEFI上に登録されているライセンスキーの表示なので、メーカー製で元々Windows10やWindows8がインストールされている機種のみ利用可能です。

本体にプロダクトキーのシールが貼ってあったり、元々入っていたのがWindows7だったり古めの自作機だとこの方法は使えません。

その場合は「ProductKey」というフリーソフトで確認することが可能です。

スポンサーリンク

ライセンス認証エラー

新規に購入したノートパソコンのセットアップ中、WindwosUpdate中になぜかライセンス認証がエラーになりました。

購入してすぐの正規品だったので不思議に思い認証エラーについて調べた所、下記のヘルプページにたどり着きました。

[Windows のライセンス認証エラーに関するヘルプ - マイクロソフト]
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10738/windows-10-get-help-with-activation-errors

ヘルプを読んでも該当する物が無かったので、直接サポートセンターに確認することにしました。

プロダクト キーの確認方法

その際にエラー原因をチャットで調査する事になりましたが、その中で教わったコマンドです。

それは「インストールされているライセンスキーが分かるコマンド」で、下記のコマンドを管理者権限のコマンドプロンプトで実行するとプロダクトキーが確認できます。

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

このコマンドで確認したプロダクトキーを伝え、正規の物かを確認して貰う、という流れでした。

プロダクトキーが正常かどうかは多分ですが、サポートセンターでないと確認できないと思います。

プロダクト キーの変更方法

確認したプロダクトキーは正規の物ではあったので、再度認証してみて欲しいとの案内でした。

下記のコマンドを入力すると、新しいプロダクトキーを入力する画面が起動します。

slui 3

もしくは「ファイル名を指定して実行」に入力して実行し、確認ダイアログが表示されるので「はい」をクリックしても起動します。

というか「設定」-「システム」-「バージョン情報」-「プロダクト キーの変更またはWindowsのエディションをアップグレード」-「プロダクト キーを変更します」をクリックしたのと同じ効果です。

下記のコマンドだと電話で認証する場合のダイアログが表示されます。

slui 4

正直オススメ出来ませんが、インターネットに繋がらない場合にはこちらを利用する事になります。

この結果、インストール時のプロダクトキーが通らなくなってるので再発行という事になりました。

再発行されたプロダクトキーで無事認証が通ったので無事解決に至っています。

マイクロソフトへの問い合わせ方法

今回は無事解決に至りました。

マイクロソフトへの問い合わせにメール、電話、チャットとすべて使ったことがあります。

個人的にはPCになれている方ならチャットが一番早くて楽じゃないかと思います。

ただインターネットにつながっているデバイスが手元にある事、マイクロソフトのアカウントを持っている必要がある事は欠点かな、と思いますが。

おわりに

今回調べて貰ったノートパソコンのプロダクトキーですが、正規の物だけど無効になっていたとの事でした。

メーカーがプロダクトキーを無効にした後になぜか倉庫から出てきたデッドストックかな、と思いましたが完全に想像です。

相当安価に手に入ったからこの程度のトラブルは仕方ないのかな、と思います。

ちなみに機種はSG116jBK-E(11インチフルHDのCerryTrail、Mem4GB、eMMC64GB)で、ハード的なスペックは求めていた物でした。

ただし、無線LANとBluetoothのドライバーが相当鬼門です。探しても出てきやしない。

さらにタッチパッドが壊れていたり、キー配列がUSモデルなのに無理矢理日本語配列へ変換かけてたり、と結構な暴れ馬です。

「安物買いの銭失い」とはよく言った物です。

スポンサーリンク