Windows10でリモートデスクトップが接続できない件とSSHでの接続が不可の原因判明

2015年8月25日パソコン関連Windows,Windows10,パソコン,リモートデスクトップ

Windows10に変えて以降、リモートデスクトップが接続できなくなり困っています。そして同時にSSHでの接続も不可能になってしまいました。

それの原因についていくつか分かった事があるので追加。

スポンサーリンク

リモートデスクトップが接続できない

マイクロソフトアカウント使ってサインインしているPCからローカルアカウント使っているPCにはリモートデスクトップで接続できない事が判明。

マイクロソフトアカウント使っていたPCはHomeエディションなので逆のテストはできなかったけど。

サインインするアカウントをローカルアカウントに切り替える事で無事接続できる様になりました。

切り替え自体は[設定]-[アカウント]-[お使いのアカウント]にある「○○でのサインインに切り替える」から変更可能。

SSHでの接続が不可

単にサーバー側のIPtablesの設定ではじかれていた為。

今までWindows7の環境では問題なく接続できてたのにはじかれる様になったのはVPN(PacketixVPN)が原因だった。

どうにもVPN用の仮想LANカードを有効にするとネットワーク接続時、優先的に使用されてしまうみたい。

VPNサーバー経由になるからIPが変わってしまい、結果としてIPtablesではじかれる状態になっていた。

また改めて見てみたらちゃんと注意書きもありました。

[Windows10対応について-ソフトイーサ Web サイト]
http://www.softether.jp/1-product/11-vpn/85-specs/windows10

一時的にVPNの接続を止めるとSSHで接続できる事を確認。

とりあえず対処としてSSHで接続する際はVPNの使用を停止することに。

でもそもそもやりたい事はVPN経由でSSH接続をはじめとしたPC操作なので本末転倒。

説明書きで書いてある再インストールとかもやってるんだけど結局駄目なのでネットワーク接続のアダプタ優先度を変更する方法を探す事とした。

おわりに

やっぱ新しいOSは色々と面倒くさいわ。

スポンサーリンク