Windows10のリモートデスクトップで画面描画が狂う件の対処方法

2015年8月12日パソコン関連Windows,パソコン,リモートデスクトップ

Windows7にリモートデスクトップで接続した場合、描画が狂う件の対処方法が判明。

元々は「Windows10 インストールしてみた」で起きた事です。

[対処]
リモートデスクトップ接続時のオプションで以下の設定をする
・画面タブの「画面の色」を「HighColer(15ビット)」以外に設定する
・エクスペリエンスタブの「ビットマップのキャッシュを保持」のチェックを外す

チェック外してもHighColer(15ビット)だと描画狂うし、逆でも駄目なので両方設定しないといけない。

今回は接続先の回線がADSLなので、最高品質にしているとそれだけでも動作がもっさり。

なので少しでも速度を稼ぐ為に15ビットで設定していたんだけどそれが駄目だった模様。

しかし16ビットでももっさりするけど仕方が無い。

そのうち接続先の回線を変えるとしよう。

スポンサーリンク