自炊した画像形式の電子書籍で文字を大きくする方法

2018年11月2日Windows関連,パソコン関連Tips,Windows,Windows10,パソコン関連

過去に自炊した電子書籍をたまに見返すと、文字が小さすぎて読みにくい事が増えました。自炊が流行した頃と比べて書くデバイスの解像度も変わってますから、今となっては文字の大きさが不適切なケースも増えてると思います。

そんな経験がある方はこちらでほぼ解決できると思います。

スポンサーリンク

文字を大きくする方法

こちらのフリーソフト「MeTilTran」で画像の文字サイズを拡大する事が出来ます。すげぇ便利です。Windows10(64bit)でも動作しました。

公開サイト:No.722
http://no722.cocolog-nifty.com/blog/metiltran/

使い方は簡単。ダウンロードしたファイルを展開後、実行ファイルをダブルクリックすると起動します。起動した後は下記の手順で終わり。ただ拡大するだけならかなり簡単です。

操作手順

  1. 文字を拡大したいデータのあるフォルダを右上の「入力フォルダ」ボタンから選択して開く
  2. 設定画面が開くのでノンブル(ページ数の番号)がどこに書かれているのか選択してから読み込みボタンを押す
  3. 全部読み込まれたらずれがないか左側の一覧から軽くチェックする(ほとんどずれはないと思います)
  4. 右上の「再配置」ボタンをクリックする
  5. 設定画面が開くので解像度を設定する(いくつか試してみてください)
  6. 後、文字の拡大率を手動で200%まで入力して設定する(文字の拡大率は100以上は手動での入力です)。
  7. 画質のクオリティを「100」に設定する
  8. 「再配置」ボタンを押す
  9. 入力したフォルダの下に「再配置フォルダ」が作られ、その中に拡大したファイルが作成される

一番の肝は再配置時の設定値になると思います。ここはご自身の環境に合わせて設定値を色々と試して頂くのがよろしいでしょう。ちょっといじると結構変わりますよ。

おわりに

今回紹介したフリーソフトは更新が2008年で止まっている様です。

今は他にもっと便利なのがあるかもしれません(もしご存じならお教えください)。

スポンサーリンク