Xperia Z3 Compact SO-02G の液晶交換した後日譚2

2015年11月6日スマートフォン関連Android,MVNO,SO-02G,Xperia,Xperia Z3 Compact

Xperia Z3 Compact SO-02G の液晶交換した後日譚」の続き。

交換した時の話はこちら。

スポンサーリンク

通話時に画面が消えるのは直った

液晶パネルを取り替えたXperia Z3 Compact。

電話をかけると画面がブラックアウトしていた問題と、通話中に音が聞こえなくなる問題の両方とも原因が判明、解決に至った。

ブラックアウトする原因はセンサーをパネル自体とパネル固定用の両面テープで隠しちゃってたから。

電話をかけた際、耳に当ててるかどうかを判定するのに使用しているセンサーが本体向かって左上に合るみたいで、その箇所の位置合わせが不十分だった事が原因。

しっかり位置を取ってやったら完全に解決しました。細かい位置合わせって大切だね。

音が出なくなるのも解決

また通話中に音が聞こえなくなる原因はスピーカーが接点とちゃんとついてなかった事。

スピーカーが両面テープで液晶パネル側にくっついてしまい、パネル自体が浮いてるからスピーカーも引っ張られて接点に付いたりつかなかったりしていた。

これもスピーカーの両面テープを全部取って、基盤が端子につく様にちょっと位置を整えたら解決。

そもそもの原因

そもそもこの2点が発生した最大の原因は、液晶パネルのフラットケーブルがちゃんと収まらない事。

どうもデジタイザのフラットケーブルがちょっとだけ長い様で、その分隙間ができて浮き上がってしまう事が原因だった。

色々と手を施したがさすがにフラットケーブルを切断するわけにもいかないし、どーせまたばらすんだろうし。

という事で最終的に前後パネルをセロテープで固定するという方法で解決。

おわりに

外側をテープで固定、という荒技にも関わらずこれで何の支障もないんだよね。

ケース付けてるからセロテープほとんど見えないし。

こうなってくるとサイズや性能的にも積極的に変える理由が薄くなってるんだがどうしたものかな。

ワイモバイルとかにして維持費下げる方向で検討かなぁ。

ちなみにあまりにキャリアとの通信速度や電話の入り方に違いがありすぎるのでMVNOの選択肢はない。

その結果、とりあえずは使える状態になったので年末特価が出るまで現状のまま使おうと思っている。

まぁ表裏パネルを固定してないけど動くし電話できるからいいや。

スポンサーリンク