新サクラ大戦 放置した上に挫折したので終わらせます

2020年3月11日ゲーム関連PS4, ゲーム, 新サクラ大戦

新サクラ大戦についての記事です。

前回の「新サクラ大戦 1人目クリア時点での所感」の時はまだ気力あったんですけどね。2人目クリアに向けて進めてたんですけど、最終戦前に心が折れました。もうマジ無理。

その他の関連記事は「新サクラ大戦 まとめ」にまとめました。

スポンサーリンク

今作のよかった所

まずよかった所から。やっぱり良い点もあるんですよ。

  • タイトル復活。素直に喜びたい。
  • キャラクター。デザイン担当変わったけど、これはこれでアリ。
  • オープニングの歌。ちゃんとつながってる感がある。
  • CV陣。いい所を連れてきてる。特に早見沙織と岸尾だいすけはとてもいい。
  • 音楽。素直にいいと思うよ?
  • バトル。思った以上にサクサク動くし、上手く動かせてる感じがある。

こういった所があったからこそ、1週目をクリアできたんです。

そうです。よかった所で自分をだます事で、なんとか頑張ってクリアしたのが1週目だったんです。

その魔法が解ける2週目になると、次に挙げる気になった点のおかげでドンドンやる気が削がれていったのです。

今作の気になった所

完全に独断と偏見ですが。

思いつく限り気になった点を列挙してみます。

  • 世界観が処置なし。秘密組織である事が大事だったのに。
  • イベントの内容と挿入タイミング。本当にちゃんと考えたのだろうか?
  • バトルの単調さ。容量からすれば理解はできるが、もう少しやりようあるよね?
  • モデルの造形。見るだけで違和感しかなく、2D紙芝居の方がよっぽど増し。
  • スキップの範囲。もっと一気に飛ばしていいのよ?
  • 終盤の展開。「これでいいんだよね?」的な描き方だが馬鹿にしてるのか?
  • 所々の挿入歌。歌詞書いたの誰だ?あまりにセンスねぇぞ?
  • CV陣。演技が演技として見える上に、その演技が鼻につく人が多い。音監仕事した?
  • エンディング。あまりにひどい。イベントで稼ぎたい営業サイドの横ヤリだろ?

ざっとあげてみましたが結構出てきますね。これ全部がずーっと気になって仕方が無かったんです。

こういった多くのストレスを抱えてまでやりたい魅力をこの新サクラ大戦からは感じられませんでした。

ですが今作はやる気を削がれるだけのポイントが多すぎて、ゲームを楽しむよりも気になる点を無視する事が多くそれが結構苦痛で。

楽しむためのゲームなのに、なぜ感じたストレスを押さえ込まないといけないでしょう?

結果、スキップを活用しても2週目の途中でプレイする気力は無くなりました。

おわりに

キャラクターに魅力は感じるものの、やる気が出る程ではないのが悲しい所。

心折れた事もあり、もう終わりにする為にこの記事を書いた次第です。

まぁ過去にはアランドラという超絶難しいARPGに悪態つきながらもクリアしましたが、やっぱり先に進めたくなる魅力があったからできました。

だけど今作はかなり心をへし折る様な展開だったり、イベント挿入タイミングだったりしてなにかがおかしい感じです。

多分ですが、営業サイドのアニメ化やライブイベントをする為の横ヤリと、こういったギャルゲー然とした物を遊んだり作ったりした事の無い人たちがメインで作ったのかな、と思えて仕方がありません。

これなら次回作は買いたくないですね。

まぁ復活してアニメ化してよかったねって所なのかもしれません。

とりあえずCV陣だけで言えば、アニメの方が面白くなりそうです。ただ人気にするならシナリオを結構変える必要があるでしょうけど。

さて、次は仁王2の話にしたいと思います。

スポンサーリンク

2020年3月11日ゲーム関連PS4, ゲーム, 新サクラ大戦

Posted by たーさん