Xperia Ray (SO-03C)を今更ながらにいじってみた

2018年9月6日スマートフォン関連Android,SO-03C,Xperia,Xperia Ray,スマートフォン

FOMA端末として小型のスマホが欲しかった。スマホが欲しかった理由はWho’scallというアプリを使いたいから。迷惑電話をかかってきた時点で判断したいってだけなんだ。

でもWho’scallはAndroid4.2以降の対応。一応手持ちのZenfone4MaxProでも使えるんだけどデカすぎる。なので小さい3G対応のスマホを探していたんだかが、サイズ的にベストだったのがこのXperia Rayだった。

ただこの端末はAndroid2.3位までしか対応して無く、公式にはアップデートされていない機種だ。なんだけど海外版だとなぜか4がある。さらに調べたら6まで入れて使ってるブログ記事を見つけた。なので改めてヤフオクでゲット。

一頃はかなり台数合ったのに、今は本当になくなったな。ほとんど潰されちゃったんだろうなぁ。もったいないことだ。

今はAndroidSDKとかFlashtoolとかの環境構築中。

まとめたらまた記事にしようと思うけど、どうにも古すぎて参考も研がなくなってたりするのが多いのが困った所だ。ほぼ集まってきたので、後はロック解除とCFWとかのファイルだなー。

これが探すのが地味に面倒くさい。一度違うバージョン上げたりとか、変な手続きが多いんだよなぁ。


(2018/9/10追記)
bootloader Unlockする方法がなくなってたので終了。

Omniusはサイトやドメインを販売してる様な状態だし、Wotanは生きてるけどSIMロックを解除するだけになっちゃったし。
しかもよく読まないでWatonでSIMロック解除するのに2k近く払っちゃったし。

今は元々unlockされてるデバイス買う位しか方法がないです。しかも今年、色々サポートから外された模様。完全に失敗しました。 3GでAndoroid2.3なんて使い道思いつかねぇよ。

手元に置いとくか売るか悩ましいな。

スポンサーリンク