Windows Update KB947821 のエラー発生と解決方法

2015年5月19日Windows関連,パソコン関連Windows,WIndows Update,パソコン,パソコン関連

頼まれて人のPCメンテナンスを土曜日から実施中。しかもまだ終わらない。理由は余計なアドウェア入りアプリを大量にぶち込んでくれてたから。

お陰でWindows Updateが正常に出来なくなり、どうやってもWindows7 SP1へのアップデートが出来ずエラーが発生する。今回はそのエラーについての話。

具体的な対策は「Windows Updateで起きていたKB947821エラーの解決策まとめ」へどうぞ。

スポンサーリンク

エラー番号 KB947821

そのエラー番号「KB947821」を元に検索していくと色々と出てきた。

解決策は無いか、と色々見てみたが、どれを見ても大体下記の説明で終わっている。

1.もう一度元に戻しましょう
2.KB947821対策でリリースされたチェックプログラムを使いましょう
3.「sfc /scannow」を実行しましょう
4.ログを見ましょう
5.ログ記載のエラーファイルを同一エディションの正常なPCから管理者権限でコピペしましょう
6.ログ記載のエラー内容によってはインストールメディアを用いて修復するしかないです

Windows7 homeEditonのメディアなんかもってねーよ。

解決できねーよ、と嘆いても仕方が無いのでもう少し調べて見た。

KB947821の解決策

で、さらに調べていくと2で上がっている、KB947821用のチェックプログラムでもログ出力していた。

そのログを見ればどのファイルのどれがエラーになっているのかが具体的に分かるそうな。

改めてログを見てみたら、壊れているファイルが無事判明。

一応マイクロソフトのヘルプで確認しているが、説明文が英語の機械翻訳文だから何言ってるのかよく分からない。

かといって英語の原文にしても英語に自信がないから断言できない。

さらに類似の情報を載せているブログに書かれた日本語と英語の原文でも若干内容違ってたりもする。

なのでどこから何を持ってきて、どこで何するかが今ひとつ分からないので現在も調査中。

おわりに

まとめながら思い出したのだが、親のPCが同一エディションだ。

そっちからファイル持ってくればよさそうだが、しかしどうしてここまでドはまりするかなぁ。

解決は「Windows Updateで起きていたKB947821エラーの解決策まとめ」をご覧下さい。

スポンサーリンク